FC2ブログ
デリバリーヘルスを開業しよう!会社員でもできるノウハウはここにあります
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社員でもできるデリヘル経営
デリヘルコンパニオン教育
========================================
貴方の本を出版しませんか?
WINS BOOK
========================================

今日も晴天の関東地方!ちょっと歩くだけで汗が吹き出ています

 

さて早速ですが昨日の記事『絶対に間違ってはいけない雇用と解雇!』の続編をお話ししたいと思います。

 

ビジネスを行なうにあたり事業を拡大するには、どうしても人員の増員が余儀なくされます。

ですので、今までビジネスを行なっている方は必ず通ってきた道であり、これが結構難しい問題でもあります。

求人を出し、応募を受け、面接を行ない、人を雇用します。

そして厳選した人間を大きな期待を持って入社させますね!

 

ところが、いざ働かせてみると、1ヶ月が経ち、2ヶ月が経ち、「ん??」という疑問が出てくることも多くあります。

 

その「ん??」の疑問に対して聞いてみると、自分の勝手な持論を展開してみたり、反対に何も考えていなかったり、会社の理念や目標、社長の考えなど一切無視し自分勝手に行動している従業員もいたりします。

 

しかし意見を立派そうに言う割には、中学生・高校生並みの意識しかなく、完全に他の従業員から浮いてしまう事になってしまいます。

このようなケースは私のビジネスでも数多く体験しました。

 

経営者としてこのようなスタッフを入れてしまった場合、どのような対応をするべきなのでしょう!?

 

日本人の意識として、このようなスタッフを見た時に、まず思うことは

・いつか分かってくれるのではないか?

・彼(彼女)もまだまだ若いから仕方ない。

・彼(彼女)にも良いところもある。

・他

 

というような擁護的にそのスタッフを守ってしまうのです。

これは日本人としての良いところでもありますし、悪いところでもあります。

 

私自身もこのようなスタッフがいた場合には、お話しを沢山させてもらって、きっと分かってくれる。いつか分かってくれる。目覚めてくれる。結果的にその従業員と共に成功を噛み締めたい。等々

そういうスタッフにもチャンスを与える方向で考えてしまっていました。

 

しかし、これは重大なミスなのです。

 

このスタッフを中途半端に守ることにより、より優秀な人材が離れていくという事実があります。

 

他のスタッフが各自の能力を最大限に発揮し、切磋琢磨している中で、自分勝手に動いたり、サボったり、チンプンカンプンな働きをしている者がいると歯車が一気に狂い、会社全体の士気を低め、利益を失うのにプラスして、大切な他のスタッフの邪魔をしてしまう。

 

会社としては大変な損害を招いてしまうことになるのです。

 

ただ繰り返しになりますが、日本人経営者の多くは少々問題があっても、いつかは分かってくれると信じ、その判断を先送りにしてしまうのです。

 

なので、経営を行なっている人も、これから事業を行なう人もこれを間違えてはいけません。

 

雇用をする時には、ロングスパンで考えて、良く厳選をし話し合い、雇うこと!

もし方針に違う従業員が出てきた場合には、すぐに解雇を含めた検討に入ること!

 

解雇というのは、日本ではとても”悪”という意識がありますが、給料泥棒の如く仕事をサボり、会社方針に逆らって自分勝手に働き会社の大切な利益や資産を減らす従業員こそが”悪”であるというハッキリとした意識と決断が絶対に必要です。

 

その対象になる従業員も、もっと他で自分にあった自分の能力を最大限に発揮できる会社があるかも知れませんし、ここにいつまでも在籍していることが反対に不幸になってしまうこともあります。

 

また会社としても、その決断こそが、頑張っている他の従業員に対して士気を高めることにもなりますし、しらしめにもなります。

 

ただ、この事を何度も繰り返してしまうと、反対に士気を低下させてしまうことにもなりますので、どんなに従業員が不足していても雇用を安易に考えてはいけません。

 

もう一度言います!

・雇用は良く相手をみて、ゆっくりと行なうこと!

・解雇は的確に判断し行動をすること!躊躇をするな!

 

※注意※

解雇の際には労働基準に照らし合わせて、違法的な解雇はしないようにしましょう!

 

良い人材が会社の利益を生み出します!!

 

ビッグハギオでした。

絶対に間違ってはいけない雇用と解雇!


会社員でもできるデリヘル経営
デリヘルコンパニオン教育
========================================
貴方の本を出版しませんか?
WINS BOOK
========================================
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hagiobig.blog94.fc2.com/tb.php/561-4e1bdac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。